仕事が覚えられず辞めたいと思いました

私が仕事を辞めたいと思った理由は、最近この歳になって正職員として採用されたものの、仕事がとてもハードでそして仕事をなかなか覚えられなくて、ミスの連発でそのたびに先輩職員から怒られるからです。

おまけに他の職員のミスも新人が間違えたんだろうと思われ怒られてしまうので、いい歳をして年下から毎日あることないこと怒られてもう仕事を辞めたいと毎日思っていました。

しかし頭を切り替えて、とにかくなんでも怒られようと思い、とにかく嫌だけで仕事へ行こう、嫌だからこそ仕事へ行こうと切り替えました。

人のミスも怒られるのは新人の仕事、そして何かにつけて先輩職員がいちいち口うるさく言ってもすべて自分のためと思い頑張るようにしました。

現在仕事を辞めたいと思っている人も、毎日の積み重ねがどんどん自分を一回りもふたまわりも成長させてくれるんだと思って欲しいと思います。

そして自分もいつか先輩社員のように新人を育てる立場に慣れるように頑張って成長して欲しいと思います。

その時に自分が新人の時に先輩に言われて嫌だったと思うことは自分が先輩社員になった時には、絶対にしないと信念も持ちながら仕事頑張ってほしいと思います。

私もいつかベテラン社員となって色々職場のおかしいと思うことは変えて行きたいと思っています。

それにはそういう立場になるまで忍耐で頑張って仕事を覚えて周りから認められる人になろうと思っています。

パワハラに耐え切れず仕事を辞めたいです

職場の人間関係が最悪で毎日のように「仕事に行きたくない」「こんな仕事辞めたい」と思っていました。

仕事内容はとても自分が成長できるものだったのですが、とにかく職場の人たちが受け入れられなくてその職場にいると自分までそんな風に染まってしまうのではないか、と考えてしまうほどでした。

パワハラのようなものも日常茶飯事で、上司の気分次第で昨日は許されたことが今日は許されないなんてこともよくありました。

私は結局最終的には退職して解決することになりました。

だんだん体にも拒否反応が出るようになっていて、精神的にかなりダメージを負っているのが分かりました。

帯状疱疹のようなものができ、ほとんど毎日頭痛に悩まされていました。

食事ものどを通らなくなり、休日も一日中寝ている生活でした。そこで自分の中でここまでやったら退職する、という線引きをしてから辞めることにしました。

私は入社したときから辞めたいと考えていましたが、せっかく仕事自体はやりがいがあったので、自分で何かを得ることができたら辞めようと考えていました。

私の場合は専門の資格を取り、2年働いてだいたいのことはできるようになり、次の職場を見つけたという条件がそろったので辞めました。

体に不調が出ると本当に後々きついので、さっさと退職後のことを考えて行動を始めるべきだと思います。

仕事に行くのが面倒くさいので辞めたいです

仕事に行きたくない・・・。仕事を辞めたい・・・。

正社員・派遣の方に限らずパートやアルバイトの方でも、そう思う方は多いと思います。

むしろ、思ったことがない方はいないのではないか?というくらいかと。

私ももちろん、仕事に行きたくない、仕事を辞めたいと思ったことがあります。

理由は簡単で、単にメンドクサイからです。特に月曜日は尚更です。

メンドクサイと言ってもあまりに大雑把すぎますので、いくつか要因と思えるものを挙げてみると、「今日は自分が苦手だと思っていることがある日だ」とか、逆に、「今日は私が仕事に行かなくても問題ない日だ」とか、私の場合、これらどちらかが当てはまると、仕事に行きたくなくなってしまいます。

とはいえ、やはり、仕事に行かないわけにはいきませんので、なんとかしようと思い、もっと要因を追求してみました。

私の場合は、そもそもあまり外に出たいタイプではないため、通勤が苦痛でした。

それが、行かなくても問題ないなら行きたくないな に繋がっていたように思います。

そこで、まずは、出不精を直すことから始めてみました。

休日でも、出勤の時間になったらとにかく外に出る。

休日とは言え、外に出るのですから、いくらか身支度が必要となり、毎日ほぼ同じ生活リズムで行動することになります。

おそらく、朝が弱くて仕事に行きたくないと思っている方は、休日も平日と同じ生活リズムを行うことで、若干改善されるのではないでしょうか?

次に、苦手だと思っていることがある日ですが、これは朝起きてから仕事に行くまで、極力何も考えないことで改善されました。

朝起きてから、その日に起こる苦手なことを考えすぎてしまい、結果、行きたくないなと思っていたようです。

言うほど簡単ではないですが、ひとまず玄関の外に出るまで、朝の準備に忙殺されてみると、わりと簡単に実現できます。

忙しくなくても、わざと忙しいフリをしてみるのも手かもしれません。

今、まさに仕事に行きたくないと感じている方もいらっしゃると思います。

仕事に行きたくない理由は人それぞれですので、私の解決策が当てはまるとは思いませんが、「なぜ仕事に行きたくないのか?」を掘り下げて考えてみると、なんとか対処する方法が見えてくると思います。

あとは、その対処に対しての労力ですが、これから先、退職するまで毎朝、「仕事に行きたくない」気持ちと戦うよりは、少しの心がけで対処できるなら、しめたものだと思います。

人生トータルで楽する道を選びましょうよ!

仕事で失敗してしまい辞めたいです

歯科関係の会社に就職してしばらく、仕事に慣れてきたのもあり、中だるみの時期というのか、油断していたのだと思います。

普段なら絶対忘れてはいけないはずの機械の電源を消すのを忘れて帰ってしまい、次の日会社に行くとその機械が故障して全体の仕事が止まっていました。

それまで、結構優等生で、親や先生や上司などにも叱られることがなく、失敗も少なかったので、今回自分がしてしまったことがとんでもないことだったという意識がなかなか払拭できませんでした。

非常にショックで落ち込み、それ以降、仕事を辞めたいと思うようになりました。。

直属の上司は、始めはそんなに怒りませんでしたが、あまりに暗い表情もしていて元気がない様子が良くなかったのか、会社の雰囲気が悪くなるから改善しなさい、と注意を受けました。

私の頭の中には、某アニメの、主人公の有名なセリフがぐるぐる回っていました。

「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」

ここで仕事を辞めることは簡単です。

一緒に責任を取ることになった同僚は退職したいというようなことを言っていましたが、私はそれだけはどうしてもしたくなかったのです。

誰でも失敗はするし、たとえそれが大きな失敗で周りにすごく迷惑をかけたとしても、名誉挽回してからでも遅くない、と思ったからです。

結局、その会社には15年程勤めました。

色々なことがあったけど、やっぱりその会社をあの時に辞めずに本当に良かったと心から思いました。

前述した通り、逃げるのは本当に簡単です。

私の場合は、自分の失敗から立ち直るだけだったので考え方次第でどうにかなるから辞めずに済んだと思うし、人によっては大した悩みじゃないかもしれませんが、それでも円形脱毛症になるくらい悩みました。

でもここで逃げたら、その後の人生で他の会社や嫌なこと、壁にぶち当たった時も、大事な場面に関わらずすぐ逃げてしまうような人間になるのは許せなかったのです。

もちろん、自分の名誉や居場所を否定されたりいじめを受けている立場なら、そこまでしてその会社に居続けることはないと思います。

相手は変えることはできなくても、自分を変えることはできます。

考え方次第でどうにかなることなら、その会社で働くことが楽しくなるなら、仕事に対してもやりがいが生まれるはずです。

なぜ、辞めたいか考えてみてください。

考え方を変えるなんて難しいと思っても、意外につまんないことにこだわってたんだな、これならなんとかなりそうだという境地に入れれば、こっちのものです。

できれば毎日楽しく過ごしたいと、誰しも思うでしょう。

それはプライベートだけでなく、仕事の時もそうではないでしょうか。

そして、仕事があるからこそ、私生活だって充実するものです。

毎日家にいて、ダラっと過ごすのは休みの日だからいいのであって、平日にみんなが働いている時にそんな状態なのは、最初は良くてもあなたが真面目な人なら、いつか罪悪感に変わります。

そもそも、仕事を辞めたいと悩んでる時点で、貴方は責任感の強い真面目な人なのです。

辞めたいと思いながら仕事に行くのは、自分の良心が痛むから悩むのではないでしょうか。

大丈夫です。必ず道は開けます。

最悪の職場環境で辞めたいです

先輩に理不尽に怒鳴られる。

また職場の労働条件が最初の説明と違っている。

女性の多い職場で冷静に話ができる職員が少ない。

上司が利用者の保護者の期限をとるため障害者を野放しにしており無法地帯になっている。

こんな状況では、仕事を辞めたいとなるのは当然だった。

自分の中で先輩は他県出身の親のもとに生まれているので、よそものだから無視しようと決めた。

また上司も所詮勤め人で何の力もないのであきらめた。

女性は基本的に仕事はできないので納得した。

そもそも自分は良い学校を出ていないので良いところに就職はできないと思い解決した。

無理して続けることはないと思います、家族がいるなどで経済的な問題があれば別ですが。

明日死ぬかもしれないのに嫌な思いをして仕事に行きたくはないでしょう。

診療内科などに行くのも良いですが向こうはお客として見ており、お金を払って相手をしてもらうのも空しいでしょう。

上司に不満があってもしょうがないです、

もし能力の高い人であればあなたの身近にはいないでしょうから。

基本的にお金を稼ぐことは嫌なものです、もし仕事が楽しいのであれば相手はお金を払ってもらいたいでしょう。

あまり深く考えずに取りやすいやつから金をとることだけを考えたほうが良いと思います。

またあまり思いつめないほうが良いです、時が過ぎれば状況は変わるので。

仕事のプレッシャーに耐え切れず辞めたいと思いました

私は金融会社の事務の仕事をしていましたが、仕事のプレッシャーから、仕事を辞めたいと思うようになりました。

睡眠時間が無くストレスが溜まり続ける、働いても見返りが少ない、自分の体を激しく消耗している気分になっていました。

緊張で夜も寝付けませんし、食べ物も喉を通らなくなり、24時間常にイライラするようになりました。

毎日、仕事から逃れたい、一生寝たきりでも良いから仕事をしたくないとまで考えるようになり、ノイローゼ気味になっている自分に気づきます。

結局の所、私は退職をしてしまいました。このような仕事よりも楽なものは沢山あるからです。

自分に合っていないとも思いました。

稼げるお金をは少なくなったとしても、生活をしていけるだけのお金を稼ぐことは出来るものです。

辞めたいと会社に言った時に中々了承をして貰うことが出来ませんでした。

しかし、私はそのまま会社に行きませんでした。

そうしていたら解雇通知がやって来ました。

会社に来ない人間を雇い続けることは出来ないのです。

会社をやめてからは得意なパソコン関係の仕事をしていますが、これには満足しています。

自分に合わない仕事なら無理して続ける必要はありません。

人間には向き不向きというものがあります。

まずはそれを見つけることが大切なのです。

そして、その結果として自分の満足できるような環境で仕事をしていくことが可能になります。

ケガのリスクがあるので仕事を辞めたいと思いました

金型製作の仕事はかなり大変でした。

高い精度の加工をするので集中力を切らすことは出来ませんし、小さなものを見るので目が痛くなってしまうのです。

それ以外にも、金属の粉を吸わないようにマスクをしているのですが、それでも少し吸ってしまいます。

金属中毒になる可能性も含んでいます。

工作機械は砥石が高速回転していますか、それに手があたってしまったら大怪我をしてしまうのです。

このような苦しい職場だったので仕事を継続していくことは難しいなと思いました。

疲労が溜まっていない時ならば怪我をしないように注意しながら仕事をすることも可能でした。

しかし、だんだんと疲れてくると危ない状況が増えてきたのです。

仕事を辞めたい・・・と思うのは当然のことだったように思います。

結局の所、私は退職をしてしまいました。このような仕事よりも楽なものは沢山あるからです。

自分に合っていないとも思いました。

稼げるお金をは少なくなったとしても、生活をしていけるだけのお金を稼ぐことは出来るものです。

辞めたいと会社に言った時に中々了承をして貰うことが出来ませんでした。

しかし、私はそのまま会社に行きませんでした。

そうしていたら解雇通知がやって来ました。

会社に来ない人間を雇い続けることは出来ないのです。

会社をやめてからは得意なパソコン関係の仕事をしていますが、これには満足しています。

自分に合わない仕事なら無理して続ける必要はありません。

人間には向き不向きというものがあります。

まずはそれを見つけることが大切なのです。

そして、その結果として自分の満足できるような環境で仕事をしていくことが可能になります。

ブラック企業に就職してしまい毎日行きたくないと悩んでいました

いわゆるブラック企業に就職してしまったので、毎日のように、明日仕事行きたくないな・・・と考えていました。

上司は無能でゴマスリばかりで、従業員の士気も低く、毎日何のための働いているのかわかりませんでした。

一番つらかったのは、粗悪な商品をお客様に販売しているという点で、窓口だった私の胸は痛みました。

特に夢や希望いっぱいで来られるお客様に対して、とにかく早くお金を払わせてしまえばこちらの勝ちだというような態度の社長や上司の顔を見るのも嫌でした。

毎晩考えましたが、ほとんど詐欺の手伝いに近いこの仕事をいつまでも続けていたら自分の感情が麻痺してしまうと思い、その当時つき合っていた彼に相談しました。

彼がそんな職場辞めてしまえ、再就職できるまでは養ってくれると言ってくれたので思いきって退職することしました。

結果、その会社は半年後に倒産し、ちょっとした社会問題にもなりました。

そして私は、再就職し、その後すぐに彼と結婚することになりました。あの会社との縁もすっぱりと切れました。

倒産した時に社内にいたらきっと給料の未払いなんかもあったでしょうし、早めに退職できて良かったと思っています。

もし私のように、その仕事内容に不満があった場合は自分の良心に照らし合わせて考えた方が良いと思います。

嫌々続けていてもどんどん運気は下がります。

退職する事も自分を守る一つの手段として全然有りなので迷わず実行できる勇気を持って下さい。

もっと良い職場は必ずあります。

腰を痛めてしまい仕事を辞めたいです

10年も勤めた、会社で居心地もよかったのですがあるとき腰を痛めてから、仕事に行くと蕁麻疹がでるようになり行きたくても行けない状況が続きました。

椅子に長く座ることが出来ず体制を何度も変えることで、ほかの社員の気が散るのではと疑心暗鬼になってしまったのが、一番の原因でした。

結局2ヶ月後に退職しました。

最初はこんなことで辞めるのは無責任かと思いましたし、子供も受験生なので辞めると生活が苦しくなるのが明らかでした。

しかし、腰の痛みは改善していないし、ストレス性の蕁麻疹でとてもつらかったので、いっそ心機一転と決意しました。

現在はリハビリを兼ねて在宅ワークで働いています。

腰が元に戻れば、また外に出て働きたいと思い前向きになりました。

生活のことが有り、やめることに躊躇する人も多いかと思います。でもやむにやまれずの決断だったら仕方ないと思い、仕切り直しと思い頑張って欲しいと思います。

人生はまだ長いので挽回のチャンスはこれから、いくらでもあると自分を信じてください。

まずは、その心身を健康に戻すことから始めたらいいと思います。思いつめると体調に異変がおきやすいので、自分を許してあげるとこが大切な事です。

それでも退職を決意しないのなら、たいへん素晴らしいと思います。無理しないで頑張って欲しいと思います。

仕事がつまらないので辞めたいです

私はIT企業で勤務しておりましたが、仕事の内容がつまらなくて毎日会社に向かうのがとても憂鬱でした。

新卒でこの会社に入ったので、仕事とはこういうものなのかなと若干あきらめていた部分もありますが、あまりにも行きたくないという気持ちが強すぎて辞めたいと悩んでおりました。

学生時代に飲食店でアルバイトをしており、その作業はほとんど毎日同じ作業の繰り返しで、作業自体はつまらなかったですが、同じバイトの人と喋ったりして楽しい部分もありました。

それに、アルバイトはあくまで生活の一部であったので、バイトがつまらなくても学校やサークルなどががあればいいやとも思っていました。

しかし社会人として働き始めてからは、仕事しかなかったので、その仕事がつまらないということはとても苦痛でした。

バイト時代のように喋りながら楽しく作業するということももちろんできませんし、私がいた部署ではコミュニケーションのほとんどをインターネット上のチャットやファイルのやりとりしており、社内にはただただパソコンのキーボードを打つ音が響く環境でした。

やっている作業もほとんどがつまらないデータ処理などで、毎日とても憂鬱でした。ただパソコンに向かってキーボードを打ち続ける生活が続くのかと思うととても暗い気持ちになりました。

そこで結局、私は以前から興味あったの業種に転職しました。今では毎日仕事に行くのが楽しみです。

あなたも私と同じような立場なら、思い切って転職するのもありだと思いますよ。