腰を痛めてしまい仕事を辞めたいです

10年も勤めた、会社で居心地もよかったのですがあるとき腰を痛めてから、仕事に行くと蕁麻疹がでるようになり行きたくても行けない状況が続きました。

椅子に長く座ることが出来ず体制を何度も変えることで、ほかの社員の気が散るのではと疑心暗鬼になってしまったのが、一番の原因でした。

結局2ヶ月後に退職しました。

最初はこんなことで辞めるのは無責任かと思いましたし、子供も受験生なので辞めると生活が苦しくなるのが明らかでした。

しかし、腰の痛みは改善していないし、ストレス性の蕁麻疹でとてもつらかったので、いっそ心機一転と決意しました。

現在はリハビリを兼ねて在宅ワークで働いています。

腰が元に戻れば、また外に出て働きたいと思い前向きになりました。

生活のことが有り、やめることに躊躇する人も多いかと思います。でもやむにやまれずの決断だったら仕方ないと思い、仕切り直しと思い頑張って欲しいと思います。

人生はまだ長いので挽回のチャンスはこれから、いくらでもあると自分を信じてください。

まずは、その心身を健康に戻すことから始めたらいいと思います。思いつめると体調に異変がおきやすいので、自分を許してあげるとこが大切な事です。

それでも退職を決意しないのなら、たいへん素晴らしいと思います。無理しないで頑張って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です