仕事で失敗してしまい辞めたいです

歯科関係の会社に就職してしばらく、仕事に慣れてきたのもあり、中だるみの時期というのか、油断していたのだと思います。

普段なら絶対忘れてはいけないはずの機械の電源を消すのを忘れて帰ってしまい、次の日会社に行くとその機械が故障して全体の仕事が止まっていました。

それまで、結構優等生で、親や先生や上司などにも叱られることがなく、失敗も少なかったので、今回自分がしてしまったことがとんでもないことだったという意識がなかなか払拭できませんでした。

非常にショックで落ち込み、それ以降、仕事を辞めたいと思うようになりました。。

直属の上司は、始めはそんなに怒りませんでしたが、あまりに暗い表情もしていて元気がない様子が良くなかったのか、会社の雰囲気が悪くなるから改善しなさい、と注意を受けました。

私の頭の中には、某アニメの、主人公の有名なセリフがぐるぐる回っていました。

「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」

ここで仕事を辞めることは簡単です。

一緒に責任を取ることになった同僚は退職したいというようなことを言っていましたが、私はそれだけはどうしてもしたくなかったのです。

誰でも失敗はするし、たとえそれが大きな失敗で周りにすごく迷惑をかけたとしても、名誉挽回してからでも遅くない、と思ったからです。

結局、その会社には15年程勤めました。

色々なことがあったけど、やっぱりその会社をあの時に辞めずに本当に良かったと心から思いました。

前述した通り、逃げるのは本当に簡単です。

私の場合は、自分の失敗から立ち直るだけだったので考え方次第でどうにかなるから辞めずに済んだと思うし、人によっては大した悩みじゃないかもしれませんが、それでも円形脱毛症になるくらい悩みました。

でもここで逃げたら、その後の人生で他の会社や嫌なこと、壁にぶち当たった時も、大事な場面に関わらずすぐ逃げてしまうような人間になるのは許せなかったのです。

もちろん、自分の名誉や居場所を否定されたりいじめを受けている立場なら、そこまでしてその会社に居続けることはないと思います。

相手は変えることはできなくても、自分を変えることはできます。

考え方次第でどうにかなることなら、その会社で働くことが楽しくなるなら、仕事に対してもやりがいが生まれるはずです。

なぜ、辞めたいか考えてみてください。

考え方を変えるなんて難しいと思っても、意外につまんないことにこだわってたんだな、これならなんとかなりそうだという境地に入れれば、こっちのものです。

できれば毎日楽しく過ごしたいと、誰しも思うでしょう。

それはプライベートだけでなく、仕事の時もそうではないでしょうか。

そして、仕事があるからこそ、私生活だって充実するものです。

毎日家にいて、ダラっと過ごすのは休みの日だからいいのであって、平日にみんなが働いている時にそんな状態なのは、最初は良くてもあなたが真面目な人なら、いつか罪悪感に変わります。

そもそも、仕事を辞めたいと悩んでる時点で、貴方は責任感の強い真面目な人なのです。

辞めたいと思いながら仕事に行くのは、自分の良心が痛むから悩むのではないでしょうか。

大丈夫です。必ず道は開けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です