仕事で失敗して同僚に注意されるので辞めたいです

私が仕事に行きたくなかったのは、仕事で失敗して同僚に注意されたのと、人間関係からでした。

朝がくると憂鬱でした。だから具合悪いと会社に連絡して、その日は休みました。

1日休めば気も変わると思ったからです。

私は仕事行きたくないと思ったときに、こう考えるようにしました。

私は何のために働いているのかというところです。

仕事が嫌だからといって会社を辞めていたら、結果的に自分がしんどくなるだけではないのかと考えました。

次の職場を決める手間と、次の仕事に慣れるまでの時間に、一からの人間関係を築いていくかなくてはなりません。

それを考えると今が一番働きやすい環境なんだ、健康で仕事が出来ることが幸せと自分にいい聞かせています。

仕事に行きたくない、辞めたいと思うのは皆一緒です。少なからず一度は皆思ったことがあると思います。

会社で失敗をしてしまった時、人間関係で悩んだときなど、様々な理由で仕事に行きたくないと思われるかもしれませんが、今が一番頑張り時です。

継続は力なりという言葉があります。何事も最後までやり遂げる事が大切です。

継続することによって自分に力がついていきます。人生において仕事は勉強なようなものです。もう少し頑張れる力があるはずです。あと少しだけ頑張ってみてください。

人間関係が原因で仕事を辞めたいと思いました

中途入社ですが、正社員でやっと入社できた会社でした。

入社してしばらくは、仕事を覚えることに必死で、気にならなかったんですが、人間関係があまりよくありませんでした。

人事部と経理部は隣同士に島があるんですが、お互いの繁忙時期が違うため、人事部が暇な時は経理部は忙しい、逆に経理部が暇な時は人事部が忙しいといった状況でした。

経理部は課長含め全て女性だったんですが、忙しい時期にこちらが死後の1つでもしようものなら、すごい勢いで文句を言ってくるんです。

ロッカールームでも、罵声を浴びせられ、何度「給料泥棒」だと罵られたかしれません。

多分私が新人だから言いやすいということもあったんでしょう。

課長が女性のせいか、とにかくヒステリックでキーキーと言われ続けることがかなりストレスで、胃腸をやられてしまいました。

会社に行くと胃腸が痛くて辛く、もう会社へ行きたくない、辞めたいと思いました。

経理部の課長に、態度を改めてもらうことは当然できませんし、体を壊しながら嫌な思いをして通っても仕方がないと吹っ切れたので、私は退職という解決方法を取りました。

退職が決まってからの最後の1ヶ月は、「あともう少しの我慢」と自分を励ましながら働きました。

私は他の人事部の人のように、あのヒステリックな攻撃に耐えて仕事をする忍耐力は恥ずかしながらありませんでした。

でもその会社を辞めたことで一時的には収入はなくなりましたが、体の不調やストレスから解放されたことと、次職で良い職場に入社できたので良い判断をしたと思っています。

正社員で入社すると、多少嫌なことがあっても、次職がみつかるかどうかという不安もあり我慢する人も多いと思います。

でも体を壊してしまったらどうしようもありません。

仕事のかわりはありますが、自分の体のかわりはありません。

退職するという決断はとても勇気がいりますが、それもひとつの方法だと思いますし、次職の方が自分にピッタリ合う可能性だってあります。

退職することは悪いことではないと思いますので、そういう解決方法もあるということを頭の片隅に置いて欲しいです。